ニキビ跡の治療<クレーターバイバイ!!>

Health and Beauty

「ニキビ」の仕組み

ニキビの原因と、ニキビ跡について

girl

○「ニキビ」ができる仕組み
ニキビは皮脂や老廃物、などで毛穴が詰まり、皮膚が炎症を起こす皮膚の病気です。
10代後半の思春期では皮脂の分泌が多いことが原因ですが、20代以上はストレスや乾燥肌が原因となることが多いようです。
10代後半の思春期にニキビができる仕組みは下記のように言われています。
① 10代後半になると皮脂の分泌量が増える
② 毛穴の出口のつまる
③ 皮脂が毛穴の中にたまる
④ 毛穴の中でアクネ菌が増殖する

ニキビの原因はアクネ菌と言われていますが、この菌は、通常皮膚の中に存在する常在菌です。他の病原菌を抑える役割もありますが、皮脂のつまった毛穴のなかで増殖してしまうことで、ニキビの原因となってしまいます。

○ニキビの跡
ニキビの後遺症にニキビ跡があり、ニキビのひどかった方にはニキビ跡が残っています。
私の調べたところ、ニキビの跡は大きく3つに分けられるとのことです。
① クレーター
皮膚の奥の層にある真皮がダメージを受けることにより、新陳代謝がうまくいかず、凹んでしまった状態です。ダメージを受けた細胞の再生を促さないと肌の凹みは改善されません。
② 皮膚の赤み
ニキビの炎症が起こり、皮膚が赤くなった状態が続いた場合、その赤みがなかなか消えなくなることがあります。これは、皮膚の中でニキビ(傷)を治そうとして血管が拡張している場合に見られる現象。数日経てば消える場合もあるそうです。
③ 色素の沈着
ニキビの赤みがそのまま、茶色いシミのようなものになることがあります。